事業の成⻑にどうつながる?整理収納サービスを企業が導⼊する4つの効果

シェア ツイート

整理収納サービスと聞いて、皆さんはどんなイメージをしますか?「片付け」や「掃除」などを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんね。

「単なる片付けに、お金をかけるのはちょっと……」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実は「オフィスの整理収納サービス」は、皆さんが想像する「単なる片付け」ではないんです。

オフィスの整理収納サービスは、空間やモノが整理整頓されるだけではなく、事業の成長にもつながるメリットがあります。この記事では事業の成長にもつながる、「オフィスの整理収納サービス」の4つの効果についてお伝えしていきます。

単なる片付けではない!?オフィスの整理収納サービスとは?

まずは、整理収納サービスとは何か、からご説明します。一般的な「片付け」という言葉は、

①「整理」・・・不要なものを取り除くこと、目的や頻度別に分けること
②「収納」・・・使いやすくモノを収めること
③「整頓」・・・見た目を美しく整えること
④「片付け(狭義)」・・・使ったモノを元の位置に戻すこと

これら4つの意味を全て含んで「片付け(広義)」といわれています。「片付け」は①〜④の流れで順番に行わないと、リバウンドして元通りになってしまう可能性が高くなります。

整理収納サービスは、「片付け(広義)」のプロである整理収納アドバイザー1級資格保有者が、お客さまのオフィスや倉庫、パソコン内のフォルダなど事業を支えるさまざまな場所で、①~③の片付けをスムーズに行うためのファシリテーターとなり、導いていきます。

整理収納サービスを利用したお客さまは、迷うことなく①〜④のステップを進んでいくことができ、オフィス内が整った状態を維持できるようになります。

整理収納サービス導入の4つの効果

「片付け」の①~③のステップを順に進めていくと、モノの定位置が決まります。モノ・資料・データを「使いやすく(探しやすく)・戻しやすい」状態にすると、大きく分けて4つの効果を生み出します。

1.時間的効果

モノ・資料・データを探す時間が減ります。

2.経済的効果

作業効率向上により、労働時間や残業時間が減り、人件費を抑えることができます。また、事務用品や備品管理の見直しにより、どこに何があるか把握できるようになり、消耗品を重複して購入してしまうなどのムダが節約できます。

3.精神的効果

空間と心は密接につながっています。例えば、デスクや共有スペースにモノや書類が散らかった状態だとイライラしたり集中力が続かなかったりします。職場を整えることでストレスが軽減し、社員同士のコミュニケーションも良好になります。

4.対外的効果

取引先から預かった重要書類を紛失したり、契約書の原本が見つからないなど、整理収納ができていない職場では、社内のみならず社外の方々にもご迷惑をお掛けする可能性があります。何度も繰り返してしまうと社会的に信用がおけないと判断されてしまう恐れもあります。

整理収納を進めることで、会社としてモノや情報の管理を徹底していることが分かり、社会的な企業価値が高まります。

整理収納で事業の成長につながった実例をご紹介!

ここまで読み進めていただいて、整理収納サービスを導入することでどんな効果があるか、イメージできましたでしょうか?最後に、実際にオフィスの整理収納サービスを利用して、事業の成長につながった実例をご紹介します。

業務が効率化され、空いた時間を営業活動に充て売り上げも拡大!

《輸入関連会社・M社さま》

【作業内容】

取引先から受け取ったサンプル類があふれていた執務室を整理整頓しました

【作業の効果】
  • 属人化していたサンプル管理と問い合わせ対応を、別の従業員に任せることが可能に!
  • お問い合わせ対応のスピード向上、営業活動の時間増加により売上拡大中!

棚卸し負担の軽減により、新規事業など事業拡大への取り組みが可能に!

《不動産関連会社・A社さま》

【作業内容】
  1. お客さまにお渡しする販促ツールを整理整頓し、棚卸しや管理に関するルールを設定しました
  2. 執務室内の整理整頓を行いました
【作業の効果】
  • 日々の業務時間内に棚卸し作業を行えるようになったため、毎月の棚卸し作業に充てていた時間で新規事業戦略会議を立ち上げ、事業拡大につながった!
  • 執務室がすっきりきれいになったことで日々のストレスが軽減し、社員同士のコミュニケーションが良好に!

オフィスの整理収納はとても奥が深く、企業の成長に必要なさまざまな事柄をスムーズにする土台づくりのようなものです。

株式会社ストラートデザインでは、経営陣や総務、現場に寄り添ったオフィスの整理収納ソリューションをご提供しております。当社のサービスについてご興味のある方は、こちらをご覧ください

シェア ツイート

カテゴリ

タグ

人気の記事